日本全国のあらゆる自治体が、太陽光発電に対して補助金を出すなどの、積極的な活動をしています。
それだけでなく、雨が少ないとか、日照時間が長いなど、有利な気候の地域は、その特性を利用してあらゆる事業を行ったり、街を挙げてPRするなど、更に力が入っていることが伺えます。
それに呼応するように、地元の人も太陽光発電を取り入れ、全国的に見ても普及率が高いという状態になっています。
このように、集中的に太陽光発電に力を入れている所と、自然環境のこともあり、そこまででもないところがありますが、紹介する川口市はそのどちらでもありません。

ホームページも、太陽光発電という名目ではなく、地球温暖化対策支援金としてガス発電給湯システム、燃料電池給湯システム、雨水貯留施設、生ごみ処理容器、カーシェアリングにもサポートしてくれるとう姿勢で、これは他の自治体ではあまり見られない傾向です。
これは、何が素晴らしいかというと、太陽光発電だけではなく、広い視野で地球環境のことを考えているんですよね。
こういった姿勢の自治体で、設置をすれば、サポートも期待出来そうなのではないでしょうか。
このようなノリなので、太陽熱を利用したシステムにも、支援金の対象になっています。
そうなると、屋根に乗せたものを利用して、床暖房にまで手を伸ばそうと考えられますし、ますます太陽光発電をするために背中を押させる感じがしますよね。
もし、川口市に暮らしていて、悩んでいる人がいたら迷いは捨てて、すぐにでもやるべきだと、私は思いますよ!