小江戸、川越市という歴史ある街には、私も一時期住んでいたことがあります。
古い街並みが残っている地域もあり、その他の地域にも多くの人が住んでおり、埼玉県の中でも大きな都市の一つとなっています。
そんな川越市は、太陽光発電の導入に大変力を入れています。
早くから太陽光発電導入推進事業を計画し、無理のない導入を推進するこの試みにより、現在では全国有数の太陽光発電導入都市になりました。
そして、現在行われている川越市の補助金制度は、この計画が成功した事によって成り立っています。
太陽光発電導入推進事業の目的の一つに、公共施設での1%節電運動を実施しました。
この成果は、大きな経費削減に繋がったのです。

まずはエネルギーの大切さを体験してもらった上で、この浮いた分の経費も加えて、一般家庭での太陽光発電導入の補助金に充てる事にしました。
これに合わせて、国、埼玉県からの補助金も併用する事で、無理のない導入が実現できるのです。
こうした市を挙げての太陽光発電の導入計画は、そこに住む人に導入の必要性とエネルギーの大切さを教えてくれました。
現在でも補助金制度が進行していますので、まだ導入されていないお宅には、こうした働きかけが随分以前よりあった事と導入すべきタイミングとして、今が好タイミングである事を把握していただきたいと思います。
その必要性を把握していながらも、まだ時期尚早と思っていた方には、このタイミングと共にメリット等も勉強されると、導入後の活用方法も上手に行っていけるのではないでしょうか。