実際に太陽光発電を導入するには、機器メーカーのことも調べておいた方がいいでしょう。
比較サイトやメーカーのサイトで見積もりを取る前に予備知識を得ておいた方がいいでしょう。
日本のメーカーとしては、SHARP、Panasonic、TOSHIBA、MITSUBISHI、Kyocera、SOLARFRONTIERなどがあります。
これらのメーカーは、発電効率の違いや、デザイン、軽さなどで他社との違いを打ち出しています。
日本のメーカーなら“”外れはないでしょうが、その中でも長く使うものですから、よく調べて自分が納得できるものを選びたいです。
このメーカーの中で、老舗で累計販売台数の最も多いメーカーと言えばSHARPです。
SHARPは産業用のソーラーパネルも販売していて、産業用でも実績を上げています。
その累計設置量では世界一という統計もあります。
SHARPは50年の実績があります。
長い実績があるということは耐久年数などの実数がそのまま反映されているということです。
長い実績がなければ耐久年数の特長を謳っていても絵に描いた餅にしかすぎません。
現在、SHARPが売り出している太陽光発電は「SUNVISTA」と名付けられ、日本の厳しい四季の変化に対応できる長期耐用性が特長です。
また、システム全体でより多くの発電量を得られるように設計されているのも特長です。
例えば、屋根面ごとに効率よく変換するパワーコンディショナーを採用することで発電した電力を無駄なく使えるようにしています。
サポート体制の充実もポイントが高いところです。
太陽電池モジュールやパワーコンディショナー、電力モニターなどの保証期間は何と10年間。
有償ですが15年間保証も取り入れています。
無料のWebモニタリングサービスに加入しておけば、専門担当者が定期的にチェックし、トラブルが起きた場合にもすぐに点検・修理をしてくれます。
「発電診断レポート」が届けられるのもうれしい特典です。