太陽光発電システムを自宅に設置してソーラーエネルギーによる発電を検討する時に把握した方がよい点に、設置可能な太陽光発電システムの最大発電量があるでしょう。
そもそも太陽光発電システムによるのソーラー発電の発電量はいくつかの条件に大きく左右されます。
最大発電量を大きく左右する一番大きな要因はソーラーパネルをどれほど設置可能か、設置スペースの問題でしょう。
基本的にソーラーパネルは屋根に設置しますから、屋根の表面積がどの程度かに発電量は大きく依存します。
次に、太陽光発電システムを設置する地域の年間日照時間です。

埼玉県は日本全国平均の年間日照時間において県別統計のトップ10に入る地域で、一年間で晴れる日の割合が多い太陽光発電システムにかなり適した地域です。
年間日照時間の平均値が低い地域は太陽光発電システムを設置しても効率的に運転できない日が多くなってしまいますが、埼玉県内は平均日照時間が長いのでその心配はないでしょう。
設置するソーラーパネルの発電能力も、最大発電量に大きく影響します。
中国製に輸入ソーラーパネルは最近かなり発電効率が高くなっていますが、同じ条件で比較すると日本国内で生産した国産メーカー品のほうが発電効率に優れています。
遊休農地や、倉庫や工場の屋根といった広いスペースを確保できるところに太陽光発電システムを設置するなら、発電効率が低くても単位面積当たりの単価が安くなる輸入ソーラーパネルの採用も意味があると思いますが、一般住宅の屋根のように限られた面積で最大の効率を要求するような状況では国産メーカーの方が優れているでしょう。