太陽光発電量についてなのですが、あまり意識される方は多くないかもしれません。
実は、季節によりまして、発電量に違いというものがあるのです。
1年中同じ発電量になっているということはありません。
狭山市のような気候が安定しているような地域でありましても、
季節によるような発電量の違いがあるというわけなのです。
その点は非常に大切な知識となっていきますので、
気になった方は詳しく参考にしていくと良いのではないでしょうか。
そこでその季節による発電量の違いなのですが、詳しい内容を調べていきましょう。
導入前に知っておかなければいけない知識にもなってきます。
そもそも、発電システムにはちょっとしたネックというものが存在しているのです。
そのネックなのですが、熱というものなのです。
太陽光の発電システムなのですが、実はその熱が苦手になっています。
熱が出てきてしまいますと、発電量が落ち込んでしまうということがあるというわけなのです。
太陽電池モジュールの中ではシリコン系の物の場合に、
温度によりまして発電量が落ち込んでしまうという特徴があるのです。
例えば、外気温が1度上昇すると発電効率が約0.5パーセント低下するといわれているのです。
これは大きな違いになってくるのです。
また、外気温が1度下降すると0.5パーセント発電効率が改善をします。
ですので、夏は発電量が落ちまして冬はいい方向へ向かうというわけなのです。
詳しくチェックしてみると良いでしょう。
ただし、冬は日照時間も短いので、日の長い春などが最も発電するような傾向になります。