日照時間が長い地域で太陽光発電を導入すれば、費用対効果は期待できるのではないでしょうか。
特に快晴が多い地域に設置すれば、より効率よくエネルギーが得られます。
それだけ、導入コストを早く消化できるのです。
そのような太陽光発電に適した地域が埼玉県なのです。
埼玉県の日照時間は2,042.1時間(気象庁の1981~2010年のデータの平均値)で、全国13位です。
13位ですが、実は1位の2,154.2時間と大差ありません。
そして肝心の快晴日数です。
気象庁の平成21年のデータを元に快晴日数を算出すると(集計は埼玉県環境部)、1位が埼玉県、2位が宮城県、3位が千葉県となっています。
埼玉県が太陽光発電に適した地域であることは明白でしょう。
その証拠に太陽光発電のシステムを導入する家庭が多いのです。
国の補助金を申請した件数は、埼玉県は全国で2位です。
そして太陽光発電による電力供給量も全国で2位です。
この後押しをしているのが、埼玉県の「電力自活住宅等普及促進事業補助制度」です。
総額8億円で、一件当たり10万円まで補助してくれます。
もちろん国や市町村の補助金も併用できます。
ただ残念なことがあり、この埼玉県の補助金は総額が決まっているために、早い者勝ちなのです。
太陽光発電に適した地域ですから、止む得ないところでしょう。
ちなみに、国も市町村の補助金も早い者勝ちです。
埼玉県にお住まいでしたら、一刻も早く業者さんに連絡して見積もりを。